中山庸子の手紙のコツ

宛名書き専科

履歴書・職務経歴書の書き方完全サポートブック

ワンランク上の心のこもった手紙の書き方

封筒宛名書き方

封筒の手紙のマナー


最近は手紙をかく機会が減っているので、いざ手紙を
書こうとすると封筒の宛名の書き方のマナーには
少し自信がないということも多いのではないでしょうか。

特に気になるのは宛名の敬称の書き方についてです。

手紙を出す際には、お相手の宛名に「様」や「殿」、「御中」、
「さん」等を付けて敬意を表します。

学校の先生などに手紙を出すときには「先生」とするのが
一般的でしょう。

通常は個人へ手紙を出す場合には、宛名の書き方としては
お相手の名前に「様」をつけるのがマナーです。

また、役職名をつけて宛名を書く際は、手紙の本来の
マナーとしては「○○社長殿」など、「殿」をつけるのが
正しい書き方です。

ただし、手紙を受け取る相手にとっては、最近は宛名では
「様」よりも「殿」の方が格下の書き方だと感じる方も
多いようです。

「殿」より「様」を使うほうが宛名の書き方としては
無難かもしれませんね。

会社や団体、会社名に続く部署名には「御中」をつける
宛名の書き方がマナーです。

部署の担当者名を宛先に続けて書く場合は、「様」を
つけるのがよいでしょう。

なお、手紙に返信用封筒が用意されていて、
宛名に「行」「宛」などが予め書かれていた場合は、
「行」「宛」を二重線で消して、「様」と書きましょう。