中山庸子の手紙のコツ

宛名書き専科

履歴書・職務経歴書の書き方完全サポートブック

ワンランク上の心のこもった手紙の書き方

封筒宛名書き方

封筒の手紙のマナー


最近は手紙をかく機会が減っているので、いざ手紙を
書こうとすると封筒の宛名の書き方のマナーには
少し自信がないということも多いのではないでしょうか。

特に気になるのは宛名の敬称の書き方についてです。

手紙を出す際には、お相手の宛名に「様」や「殿」、「御中」、
「さん」等を付けて敬意を表します。

学校の先生などに手紙を出すときには「先生」とするのが
一般的でしょう。

通常は個人へ手紙を出す場合には、宛名の書き方としては
お相手の名前に「様」をつけるのがマナーです。

また、役職名をつけて宛名を書く際は、手紙の本来の
マナーとしては「○○社長殿」など、「殿」をつけるのが
正しい書き方です。

ただし、手紙を受け取る相手にとっては、最近は宛名では
「様」よりも「殿」の方が格下の書き方だと感じる方も
多いようです。

「殿」より「様」を使うほうが宛名の書き方としては
無難かもしれませんね。

会社や団体、会社名に続く部署名には「御中」をつける
宛名の書き方がマナーです。

部署の担当者名を宛先に続けて書く場合は、「様」を
つけるのがよいでしょう。

なお、手紙に返信用封筒が用意されていて、
宛名に「行」「宛」などが予め書かれていた場合は、
「行」「宛」を二重線で消して、「様」と書きましょう。

就職活動時の宛名書き方

就職活動!履歴書を送るとき


就職活動中は、履歴書を企業に送るときには
封筒の宛名の書き方も十分注意したいものですね。

履歴書の封筒の宛名の書き方でさえ、選考につながると
考えたほうがよいでしょう。

就職活動で履歴書を会社に郵送するときは
できる限りよい印象をもってもらうように
宛名の書き方をしっかり確認して送るようにしましょう。

履歴書を送る封筒の宛名は、やはり手書きのほうが
印象がよいでしょう。

手紙の宛名には会社・部署名とも略さず正式名称を書くのが
正しい書き方です。

株式会社や有限会社も、(株)や(有)のように略しません。

会社名の前後どちらに株式(有限)会社と入るのかは
間違えやすいので、必ず確認してから宛名を書きましょう。

宛名の書き方は、所在地を書いた後、社名、部署名、肩書き、
名前の順番で書きます。

人事担当者など個人を特定する場合は「様」、
人事課や新卒採用係の場合は「御中」と敬称をつけるのも
宛名の書き方で忘れてはならないポイントです。

最後に、履歴書を送る封筒には自分の郵便番号、住所、
電話番号も忘れずに記載するのが就職活動中のマナーですね。

宛名の書き方についてでした。

結婚式招待状の宛名書き方

結婚式の準備・ダンドリは多岐にわたりますが、

結婚式の会場と日取りが決まれば、ゲストに
招待状を発送するのが最初の一仕事ですね。

結婚式の招待状を作成したら、宛名を書きます。

招待状の宛名の書き方は、基本は一般的な手紙と
同じです。住所・氏名を省略せず正しく記載します。

結婚式に夫婦・家族を招待する場合は、招待状は
1通で構わないので、宛名は連名の書き方になります。

結婚式の招待状の宛名の書き方は、招待状の文章が
縦書きなら封筒も縦書き、横書きなら封筒も横書きに
するのが一般的です。

「毛筆で手書きがマナー」とされてきたので、結婚式場では
招待状の宛名を書いてくれる筆耕サービスも有料で用意
されていることが多いです。

また、結婚式の招待状でも、印刷での宛名書きも定着して
きているので、パソコンを使用して印刷してもよいでしょう。

結婚式の招待状は、受け取ったゲストはどんな披露宴か
想像をふくらませるものです。

失礼にならない宛名の書き方で、お知らせしたいですね。
宛名の書き方についてでした。

手紙の書き方宛名編

海外へのポストカード


海外への郵便、いわゆるエアメールは高いのではないかと
いうイメージがありますが、なんとハガキは全世界共通で
70円で送ることができます。

わざわざ郵便局の窓口に行かなくても、正しい宛名の
書き方でありさえすれば、ポストに投函してもいいのです。

70円切手とポストカードがあれば海外へエアメールを
送ることができるとはいえ、宛名の書き方には注意しましょう。

でも実はエアメールの宛名の書き方には、とっても簡単な
書き方があります。

1)差出人情報は、国名以外は日本語で大丈夫。
宛先の方が日本語を読めるのなら、ローマ字で書かずに
日本語で、国内で記載するように書いてもいいのです。

ただし、国名だけはJAPANと英語で書きます。

2)宛名の住所氏名は、国名以外は現地の言葉で書いてもOK。
例えば、中国への宛名の書き方は、中国語を使って漢字で書いても
問題ありません。

ただし、宛名の国名は英語で書くのが
正しいエアメールの宛名の書き方です。

さあ、気軽に海外に住むお友達へ、ポストカードを送ってみては
いかがでしょうか。宛名の書き方についてでした。

封筒の宛名の書き方で英文ビジネス

外国へのビジネス通信で欠かせない、英文ビジネスレター。

新入社員の皆さんなど、いざ英文レターの宛名を
書こうとすると、書き方のマナーがわからないという
こともあるのではないでしょうか。

英文ビジネスレターに使用する封筒は、ビジネス用と
個人用とでサイズが異なるので注意しましょう。

基本的に大型封筒または、エアメール用の赤青の枠取りの
ある封筒(右上写真参照)を使用するのが英文ビジネスレター
としては一般的です。

ビジネス文書のエアメールの宛名の書き方は、
宛先を封筒中央に、差出人住所氏名は左上に、
郵便注記(VIA AIR MAILなど)は右上の切手の下あたり、

取扱注記(CONFIDENTIAL)を差出人住所氏名の下ほどの
左側表面に書くのが通例です。

すべて封筒の表面に書くのが特徴です。

なお、宛先がアメリカの場合、住所の州名は、略語を用いた
書き方が普通です。略語はインターネットでもすぐに検索
できるので確認してから宛名を書くようにしましょう。

もちろん、海外ビジネスレターの住所の書き方は
日本と順序が逆ですので、差出人住所も
番地→町村名→市区名→都道府県名→国名の順で記載します。

宛名の書き方についてでした。